印鑑の西野オンライン工房

印鑑の西野オンライン工房

↑↑↑

公式サイトはこちら!

 

印鑑の西野オンライン工房の特徴

 

京都の名工達が作成する、他店では買うことができない、美しい手書き文字手仕上げ印鑑を販売!

 

印影は、京印章制作士 井ノ口 清一氏が注文ごとに、紙に筆で手書き文字の印影で書いています。

 

コンピューター作成では難しい、柔らかい曲線が印鑑の特徴です。

 

一般的なお店では、コンピューター文字を修正して利用。

 

まさしく京都ブランドの京印章手仕上げです。

 

印材も珍しい「屋久杉」や京都ならではの「竹」を使用し作成出来ます。

 

 

では、本当に満足いく印鑑が出来上がるのか不安ですよね?

 

購入した人のレビューがあると検討の材料になると思います。

 

こちらにたくさんのレビューがありますので、参考にしてみてください!

 

印鑑の西野オンライン工房のレビューをみる<<

 

 

 

 

 

 

 

 

おススメのポイント!

 

筆の手書きによる重厚感のある印影

 

文字のアウトラインも仕上げ刀で仕上げし、文字のエッジが光っている

 

職人の顔がみえる

 

このお店だからこその安心の保証サービス

 

 

印鑑の西野オンライン工房

↑↑↑

公式サイトはこちら!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここからは、一般的に印鑑の種類や法律関係について、ご紹介します。

 

印鑑の種類

 

実印、銀行届出印、認印をもっている人は多いかと思います。
その違いは何でしょうか?

 

実印

住民票のある市区町村に登録した印鑑。重要な契約をする場合に、実印と印鑑登録証明書をもとめられることがあります。

 

銀行届出印

銀行口座を開設するときに登録する印鑑。

 

認印

実印以外の印鑑をこのように呼ぶようです。

 

 

実印について

 

実印や印鑑登録証明書がなぜ必要なのでしょうか?

 

それは、正真正銘の本人であることを確かめることにあります。

 

実印を利用する場合は、ほとんどの場合、印鑑登録証明書も一緒に提出するかと思います。

 

実際に実印や印鑑登録証明書が必要になる場面というのは、多額な現金の取引や法律上で必要なケースであり、本人であると偽って契約や手続きされては特にいけないものです。

 

実印と印鑑登録証明書は、国に登録しているものであるので、それによって信用性が担保されるものになります。

 

それゆえ、第三者に悪用されないように注意しなければいけません。

 

●実印を利用することが多いケース
住宅購入の契約、自動車購入の契約、多額な金銭のやりとり、不動産登記、相続、会社設立など

 

登録している印鑑の変更は可能です。また、実印を紛失した際には、すぐに登録の廃止・変更の手続きを行いましょう。

 

登録できる印鑑は、1人につき1個となり、大きさなどある程度決められますが、判読できないもの以外であれば原則登録できます。

 

「…之印」「…印」「…之章」を付け加えたものも登録することができます。

 

登録できない印鑑の例でいうと、たとえば

 

・漢字をひらがなやカタカナに書き換えたもの

 

・自己流でくずしたり極端な図案化などにより、自分の名前と認められないもの

 

・現在では使用されていないような古書体のもの

 

・ゴム印または指輪のように変形しやすいもの

 

などです。

 

 

印鑑の法的効力

 

法律上は、実印でも認印でも効力に差異はないようです。

 

契約に関して言えば、ほとんどの場合、双方の意思の合意により、契約は成立します。

 

ただ何か問題があった場合に、裁判上での信用性が違ってきます。

 

実印と印鑑証明書は信用性が高くなります。

 

それらで契約している場合は、本人であると推測される度合が高いということです。

 

それゆえ、万が一両方紛失してしまうと、悪用されてしまう可能性もありますので、別々に保管するのが望まれます。

 

欧米はサイン社会ですが、日本ではハンコ社会なので、印鑑を利用する機会は多数あるかと思います。

 

印鑑の保管・取り扱いには十分注意してください。

 

 

会社の印鑑

 

実印

個人の実印は市区町村に登録しますが、会社の実印は法務局に登録します。実印は代表印になるかと思いますが、丸印が一般的で、会社名や代表取締役と書いてあります。

 

会社認印(角印)

請求書や色々な場面で利用されます。実印が必要のないケースで幅広く利用されています。

 

銀行届出印

個人の印鑑と同じように、会社の口座を開設する際に必要となります。お金に関係する取引に利用されることが多いです

 

実用的に使われるのは、上記の3つに加え、会社名、住所、電話番号などが彫られているゴム印があります。

 

 

日本の印鑑の歴史

 

現存する日本最古の印は【漢委奴国王】という金印と言われています。

 

西暦57年に中国の光武帝より日本の奴国王に贈られたとされています。

 

また戦国武将も印を使っていました。

 

たとえば織田信長は【天下布武】、豊臣秀吉は【豊臣】、徳川家康は【福徳】、上杉謙信は【地帝妙】などです。

 

江戸時代になってからは、庶民にも広まるようになってきて、実印を登録させるための印鑑帳も作られました。

 

明治時代になると、印鑑登録制度により、国により管理されるようになりました。

 

印鑑の西野オンライン工房

 

↑↑↑

印鑑の西野オンライン工房はこちら!