30日でマスターするピアノ教本

30日でマスターするピアノ教本

 

 

↑↑↑

公式サイトはこちら!

 

30日でマスターするピアノ教本3弾セットの特徴

 

現役ピアノ講師 海野真理先生が企画・執筆・制作に携わった初心者のためのピアノ教材(DVD・テキスト・楽譜)。

 

なんと、NHK交響楽団の方も推薦しています。 

 

これまで、楽譜も読めず、楽器を触ったことの無い方でも簡単に理解できるようになっています。

 

DVD内では曲に関しても細かくレッスンをしているので、先生の解説に従って練習すれば弾けるようになりますよ。

 

DVDの映像の一部を見ることができますので、参考にしてみてください。

 

DVD映像はこちら<<

 

 

 

 

なぜ、短期間でピアノを弾くことができるようになるのでしょうか?

 

いくつかポイントがあるのですが、そのうちの一つが、時短です。

 

大人は何かと忙しいかと思います。

 

仕事、家族との時間、趣味、健康のための運動・・・・

 

そのように忙しい大人にとって、効率よく時間を使うことはとても大事になってきます。

 

さらに時短だけでなく、常識をくつがえすポイントで短期間でピアノが弾くことができるようになるのです。

 

短期間でピアノを弾く秘訣はこちら<<

 

 

 

 

 

毎日練習しなければいけないの?


 

 

いえ、毎日練習できない人のために作りましたので、安心してください。

 

必ずしも毎日取り組まなくても弾けるように、レッスンも30日で10回という回数にしています。

 

ですから、時間の空いた数分間で、少しづつ練習できます。

 

ただ、練習をたくさんすればするほど、上達するのは早いです。


 

 

 

講座で学んだあと、自分の好きな曲を弾けるようになれるかな・・


 

 

 

はい、大丈夫です。

 

講座では基本的な楽譜の知識や、ピアノの弾き方などを30日で学べます。

 

応用については、個人差はありますが、練習を続けることで弾けるようにはなるでしょう。


 

 

 

70歳を過ぎているけど、今からでも大丈夫?


 

 

70代、80代の方もたくさん受講していますよ。

 

プロを目指すのは大変かとは思いますが、趣味であれば全く問題はありません。

 

年齢よりも意欲の方が大切だと思います。


 

 

でも本当に30日間で両手でピアノを弾くことができるようになるのでしょうか?

 

やはり実際に受講したの意見を聞いてみるのが良いかと思います。

 

こちらに受講者の体験談がたくさんありますので参考にしてみてください。

 

受講者の体験談はこちら<<

 

 

 

海野先生のついて

 

ピアニストの海野真理先生は、ピアノ教室も開いていて、「行列のできるピアノ教室」として大人気!

 

特に、初心者に人気があります。

 

それは、楽しいレッスンをモットーに、初心者でもわかりやすく教えているからなのです。

 

 

 

ピアノ演奏の身体的メリット・効果

 

昔から、ピアノを習うと頭が良くなるといわれています。

 

子供の習い事でも多いのは、「ピアノ」です。

 

このことは、脳科学でも証明されています。

 

楽譜の先読み、暗記、両手の指の異なる使い方などが脳の機能を高めるようです。

 

 

また、子供だけでなく、大人やシニア世代にとっても、身体にいい影響を与えるようです。

 

同時に違う動きをしたり、両手の指動かす事により、脳が活性化し、記憶力もアップします。

 

脳の活性化は認知症の予防効果があります。

 

ピアノは脳トレにとっても良いのです。

 

また、やる気や意欲出させるホルモン「ドーパミン」

 

このドーパミンを分泌させるにもピアノを習う事はよいといわれます。

 

ドーパミンは成功したとき、評価されたときなど、喜び、感動、爽快さを感じるときなどに分泌します。

 

 

ピアノ演奏での近所とのトラブル

 

マンション住まいでの演奏

 

マンションでピアノを演奏するときに、近隣の方への音漏れなどは気になるのではないでしょうか?

 

マンションでは、使用細則や管理規約など、マンションで生活するにあたり、守らなければいけない規約があります。

 

まずは、その規約を確認しましょう!

 

マンションによっては、楽器演奏禁止や、21時以降は演奏禁止・大きな音を立ててはいけないなど記載されている規約もあります。

 

たとえ、規約になくても日常生活をおくる上で、ご近所には配慮する必要はありますよね。

 

 

戸建て住まいでの演奏

 

戸建て住まいの方はマンションに住んでいる方ほど、音に対してナーバスではないかもしれません。

 

ただし、音は、空気によって伝わりますので、密閉性が低いと外に音が大きく漏れてしまいます。

 

密閉性を高くすることにより、騒音対策はできるかと思います。

 

窓を二重にすると、非常に効果的です。

 

 

ピアノ騒音対策

 

電子ピアノを利用する

音量調節ができるので、音を小さくしたり、ヘッドフォンを利用して演奏する。

 

壁から離して設置する

 

防音対策をする
消音装置の設置
吸音パネルの設置
防振ゴムの設置(床)

 

1日に何時間も演奏するのでなく、演奏する時間を決める

 

他にも色々な対策はあるかと思いますので、気になる方は調べてみてくださいね。

 

 

 

 

↑↑↑

公式サイトはこちら!